Stardust.Memories

いろいろやってます。

作りたい動画

動画作りたいが月りたい動画が多すぎる

まず

おちゃめ機能(各キャラ)

吹っ切れ腰

あとは
東方PV系

特定キャラ
恋色マスタースパーク
Dreaming
Overloaded Fire
recollection
終焉を告げる調べ
Keep the Faith
∞ - unlimited -
閻浮、忘れ路~Load to salvation
死奏憐音、玲瓏ノ終
My sweet Fall(that make me confuse)
竹取飛翔
Earthquake Super Shock

複数
Bad Apple!!
チルノのパーフェクトさんすう教室


こんな感じかなー

さて頑張るか。

青熊獣 アオアシラの挙動

雷鬼君「はい、今回は青熊獣 アオアシラ君の攻撃方法についてです
    では、クマ君ですどぞ!」
青熊獣アオアシラ「はい、クマ君です。どもー
     って、オイ!」
雷鬼君「なんや?」
青熊獣「クマ君ってなんだよ!?ア・オ・ア・シ・ラ!」
雷鬼君「うん。熊公」
青熊獣「おーい……人の話を聞いてくれー……」

雷鬼君「では、くま吉アオアシラ君の行動について」
青熊獣「この野郎……」

雷鬼君「まず突進」
青熊獣「まぁ、普通に対象に突進だな」
雷鬼君「これは、対象に直撃or避けられるまで突っ込みます
     直撃or避けられるとズザーっと止まります。
     これにも攻撃判定あるので気を付けてね!」

雷鬼君「次ひっかきパンチ」
青熊獣「あーこれは初歩的なパンチだ
     半回転しながら対象をひっかくぞ
     二回連続でやることが多い。怒ると特にな」
雷鬼君「当たると吹き飛ばし効果があります。
     一回突っ込んだらやられた。 後ろに回るといいぞ!」

雷鬼君「派生技で連続ひっかきパンチ」
青熊獣「連続的にひっかきパンチを行う最大4回まで」
雷鬼君「対象を追っかけながらやります。ローリングorダッシュで簡単避けられるwww」

雷鬼君「俺の愛を受け止めろぉぉぉぉぉおおおおおお!!」
青熊獣「という名のクロスパンチです☆」バキッ
雷鬼君「ブッ」
青熊獣「攻撃しないと思って、調子こくな(`・ω・´)キリッ」
雷鬼君「いててて……わかったよ……
     この技は対象に向かって抱きつくようにクロスパンチします
     大きく振りかぶった後だから比較的解りやすいあい避けやすいかもな
     そこそこ範囲が広いです」

雷鬼君「次は、捕食技」
青熊獣「これは、顔を何度か振って飛びつきます」
雷鬼君「捕食中にゲージを減らして離れるか、
     こやし玉を投げると離してくれます」
青熊獣「比較的スタミナが切れたらよくやるな」

雷鬼君「以上が攻撃方法か?」
青熊獣「んなもんだろ。
     あ、上位にのみヒップアタックします」
雷鬼君「んじゃあ、次に効果的なアイテム
     シビレ罠・落とし穴は問答無用で効きます」
青熊獣「閃光玉は無条件で効くが、
     音爆弾は怒ってないときには効くぞ」
雷鬼君「罠肉はスタミナ切れのときに効きます
    発見時でもあってもね」
青熊獣「こやし玉は大っ嫌いだ!
    すぐ逃げる」
雷鬼君「ババコンガとは仲悪そう」
青熊獣「あいつ嫌い……臭い
     アイテムはこんなもんか?」

雷鬼君「あとは補足的なもの」
青熊獣「おこったときは一吠えした後
     白い息が出てきます」
雷鬼君「音爆弾を使うと落し物をするぞ」
青熊獣「破壊できる部位は腕だけだ」
雷鬼君「効果的な部位は
     斬撃・尻
     射撃・胸
     打撃・尻」
青熊獣「嫌いな属性は順に
     火、氷、雷だ」
雷鬼君「アオアシラの攻撃属性は水属性だ
     初心者は水属性の防具で行くといいぞ」
青熊獣「スタミナが切れると。
     突進の最後に止まりきれずに倒れてもがくようになるし
     ハチミツのあるエリアではハチミツを食べようとする。
     魚が釣れるエリアでは魚を食べてスタミナを回復しようともするぞ
     また、食事時に落し物をする習性なんだよ」
雷鬼君「顔がドス効いてるぞ?(-_-;)」
青熊獣「食事する場所と休憩する場所だぜ
     渓流・食事9、睡眠2
     水没林・食事7、睡眠5
     孤島・食事2、3、睡眠7
     こんな感じか?」
雷鬼君「以上、青熊獣君の攻撃方法と補足説明でした」

青熊獣「では……」
雷鬼君「クエストなら受注済みだ」
青熊獣「そうか……」
雷鬼君「行くぞ!くま吉が!!」
青熊獣「変態という名の紳士をなめるなよ!!」

数分後……

雷鬼君「余裕で勝ったー!!」
青熊獣「っち…… 捕獲かよ……」
雷鬼君「やっぱ、慣れると余裕だな、お前」
青熊獣「そうですね……」

ヒュー
雷鬼君「ん?」

ドーン!!
雷鬼君「おっとっと……」

赤甲獣ラングロトラ「俺の説明はどうなったんじゃい!!ワレェ!!」
雷鬼君「そのうちね?」
赤甲獣「本音は?」
雷鬼君「まだ覚えてねぇ」
赤甲獣「そうですか……」
青熊獣「臭いのあっち行け……」(ボソッ)
赤甲獣「てめっ……」

というわけで、ラングロトラはいずれー

練習

昔トレースした絵
a7883782.jpg
んでトレース後
0666d81b.jpg色違い
638a8dc2.jpgそんだけ

オトモアイルーの名前

まず俺のオトモの名前

キャラ1
プレイヤー
雷鬼

オトモ
1:雷牙
武器:王剣ネコゴロゴロ
頭:ジンオウネコヘルム
胴:ジンオウネコメイル

2:小雷
武器:すずらんネコロッド
頭:ジンオウネコヘルム
胴:ジンオウネコメイル

雷牙と小雷のペアですティガ対策かも

3:蓮
武器:すずらんネコロッド
頭:ハプル(仮)
胴:ハプル(仮)

4:侑依
武器:すずらん
頭:ブナハ
胴:ブナハ

蓮と侑依のペアです。実は侑依が主人

5:竜斗
武器:アイアンネコソード
頭:ギルドネコロポス
胴:ギルドネコスーツ

6:優
武器:ギルドネコレイピア
頭:ガイドネコフード
胴:ガイドネコスーツ

竜斗と優は頑張り屋設定です。いっつも素振り 似た者同士

このメンツは小説キャラです

狩ってる猫もオトモ化した
とうしろうという白猫
名前:凍獅郎
武器:マカネコピック
頭:フロギィ
胴:フロギィ

りゅうたろうという白猫もいるので
名前:竜太郎
頭:マギュル
胴:マギュル

飼い猫二匹ちょうどいたのでよかったです。

つぎ特典のナルガからとってモンハンチーム

火竜&雌火竜
レウス
レウス装備です
レイア
レイア装備です

先輩がレウスくれたじゃなくてねだったのでくれましたうれしい
うんで相方はレイアしかいないので
色はレウス赤虎レイア若葉虎です

轟竜・迅竜
レックス
レックス装備です
ナルガ
ナルガ装備です

特典のナルガから頑張りました、ある意味助かるチームです。


んで、レウスをくれた優しい先輩のオトモも紹介します

プレイヤー1
白月 京刀(けいと)

オトモ(一部抜粋)
京介

天狐

こちらはまじめなほうです

今日作ったふざけキャラがあります
そちらも

プレイヤー名
タミフル

みんな大好きあれです

オトモの名前もひどくなりました
まず
蓄膿症

オイwwwちょwwwおまwwww


狂犬病

オーイwwww

増え次第報告します

俺の方は

四聖獣とかも作ろうかななんてwww

俺のほうも報告します

雷狼竜 ジンオウガの挙動について

雷鬼君らいき「ほい、今回は雷狼龍 ジンオウガ編」
雷狼竜ジンオウガ「よろしく」
村長ユクモ村村長「今回はわたくし、ユクモ村村長も参加しますわ」
雷鬼君「マジでか……まぁ、初登場キャラは大方村長なくしてだからな」
雷狼竜「……あ、アオアシラは?」
村長様「ああ、あの子?あの子は余裕ですわ。 うちのオトモ(番台ネコ)で」
雷鬼君「(゜Д゜;)はい?」

青熊獣アオアシラ「!?!? ……(悪寒が…)」

雷鬼君「アオアシラあいつにそんな過去が…」
雷狼竜「…………(((((;゚Д゚))))))))コワイヨー(泣)」
雷鬼君「ジ、ジンオウガ? 大丈夫か?」
雷狼竜「大丈夫じゃない!! 問題だーーーー!!」
ヒュッ
村長様「およしなさい、ジンオウガ?」
雷狼竜「っく……」(やはり、強い)
雷鬼君「村長、最強伝説その3」
村長様「あの方達(ポッケ村・ココット村等各村長)にはかないませんわ」
轟竜君ティガレックス「((((;゚Д゚)))))))」ポッケ村村長
火竜君リオレウス「((((;゚Д゚)))))))」ジャンボ村村長
水獣ロアルドロス「((((;゚Д゚)))))))」モガの村村長
雷鬼君「トラウマなのか……」
鋼龍君クシャルダオラ「((((;゚Д゚)))))))」
雷鬼君「クーちゃん先輩も!?
    そろそろ本題に入りません?」
村長様「そうですね。 入りましょう」


雷鬼君「では、ジンオウガの攻撃方法だ。
    まず頭突き」
雷狼竜「一旦停止してから行う」
村長様「攻撃対象の正面まで動き少し間を開けて攻撃ですね」

雷鬼君「次は……パンチ……? どちらかというと押さえつけですね」
雷狼竜「オオカミらしく獲物に対して食らいつく。」
村長様「距離を離していても、飛び掛かりもありますので、気を抜かないように…
    それと、二回連続もありますわ」

雷鬼君「しっぽフリフリと、しっぽ縦回転あて」
雷狼竜「かわいく書いたが一回転してしっぽ当てだ」
村長様「龍耐性無いと大ダメージですので、お気をつけて。
    一瞬間がありますが、近づかないほうがいいかもしれませんね」

雷鬼君「えーっと、体当たり……鳥竜種がよくやるな」
雷狼竜「少し挙動は違うがな。 ゆっくり歩いたと思うと一瞬で体当たりをする」
村長様「ポーズは鳥竜種と同じですが、あたり判定が大きいことを、お忘れなく。
    ちなみにすごい速さで気付かぬ間にやられることも多いそうです」

雷鬼君「クルクルビターン」
雷狼竜「一回転して尻尾をたたきつける」
村長様「怒り時によくやるようですわ」

雷鬼君「蓄電。 まんまや」
雷狼竜「周りの雷光虫を集めて蓄電モードに入ります」
村長様「雷耐性がない場合はここで攻撃して止めないと殺されてしまうわね。
    運が良ければ止められます。落し物が発生しやすいですわ」

雷鬼君「蓄電成功後
    以下の技が発生します」

雷鬼君「電球飛ばし 蓄電モードで無くても打ってきます」
雷狼竜「電気を集め一回転して電気の球を放つ。前方3方向」
村長様「これは少し曲がりながら電気の球を放つ技ですわ。
    一個の場合は蓄電モードじゃないときのみですわ」

雷鬼君「Saturday night feverにしか、見えない・・・」
雷狼竜「雷を周囲に落とし、最後に自身の周りに落とす技だ」
村長様「この間はガンナーは無視して打つと良いでしょう。
    剣士は剣を研ぐか回復しましょう。なければ踊るのもいいでしょう。
雷鬼君「そこは地団駄で」
雷狼竜「ちなみに範囲は
    周囲落とし:前方
    自身落とし:俺本体周囲だな」

雷鬼君「覚えているのこれぐらいですかね」
村長様「ええ、そんなところでしょう。 雷狼竜は攻撃後に隙が出やすいですわ。
    ですが、次の攻撃移行が速いので、慣れが必要ですわ」

雷狼竜「捕まえるタイミングは
   「覚えてろよ!!」って感じで、足を引きずるぞ」
雷鬼君「シビレ罠は効きますが蓄電モードに入りやすいので気を付けて」
村長様「私のおすすめとしては、落とし穴ですわ」

雷鬼君「結構ちょろちょろ動きまくりましたがすばしっこいです。
    いつの間にか近づいているという。
    竜種の特性と狼種の特性を生かしていますね」
村長様「雷の攻撃はやられが発生しますので、ウチケシの実をお忘れなく」

雷狼竜「以上 俺、雷狼竜 ジンオウガの挙動についてでした。」

雷鬼君「次回はどうするか…」
村長様「私的には、赤甲獣 ラングロトラなどはどうです?」
雷鬼君「そうですね。 そうします」

というわけで、次回
赤甲獣 ラングロトラです。
作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog